浜松学院大学

  1. HOME
  2. ニュース
  3. 子コミ3年島埜内ゼミが講座「レッツゴーショッピング!目指せ東京オリンピック・パラリンピック!」を開催しました

子コミ3年島埜内ゼミが講座「レッツゴーショッピング!目指せ東京オリンピック・パラリンピック!」を開催しました

講 座2019年11月27日

子どもコミュニケーション学科の島埜内ゼミ(3年次7名)が、11月16日(土)に和地協働センターにおいて、「レッツゴーショッピング!目指せ東京オリンピック・パラリンピック!」と題して外国語教育に関する実践を行いました。この事業は、「平成31年度 浜松市と大学との連携事業」の一講座として開かれたものです。2年生から6年生の、計9名の小学生が参加してくれました。

実践冒頭では、さまざまな国の挨拶に関する歌をうたってウォーミングアップをした上で、東京オリンピック・パラリンピックの対象である10競技の英語名を学習しました。その後実施したメインの活動は、以下の4つです。

(1)学習した競技に関するジェスチャーゲーム
(2)オリンピック競技に関する雑学4択クイズ
(3)ブラジルの遊びである「バタタ・ケンチ」
(4)バラバラになった用紙を組み合わせてそこに書かれているさまざまな国に関するクイズに答える「バラバラ○×クイズ」

3名ずつ3グループに分かれ、チーム対抗戦で上記の活動に挑戦し、それぞれの活動での順位ごとに決まった金額の賞金を獲得する仕組みで行いました。実践の最後にはその獲得賞金でオリンピック・パラリンピック観戦チケットを購入する活動を行いました。そこでは、英語で買い物をするためのフレーズを学び、そのフレーズを利用して買い物を行いました。

参加してくれた小学生全員がどの活動にも積極的に取り組んでくれたことで、実践は最初から最後まで大盛り上がりでした。また、実践当日に初めて会う子どももいましたが、チーム対抗戦だったことで多くの交流が見られました。

この実践を通して学習した知識等が、来年に控える東京オリンピック・パラリンピックをより楽しむためのきっかけとなるよう願っています。

【謝辞】ご参加いただいた9名の小学生のみなさん、実践をご観覧くださった3名の保護者の皆様、本実践にさいして場を提供いただくとともに、当日まで多くのご尽力をいただいた和地地区コミュニティ協議会会長 浜井卓男様、当日の実践につきまして多くのご助言をくださった浜松市市民部創造都市・文化振興課 山内剛治様、井ノ口さおり様に、記して謝意を表します。

浜松学院大学〒432-8012 静岡県浜松市中区布橋三丁目2番3号
Tel:053-450-7000053-450-7000/Fax:053-450-7110

© 2004-2016 Hamamatsu Gakuin University.
「DiCoResプログラム」は浜松学院大学の登録商標です。