小学校・特別支援教育専攻

実践力の優れた「小学校教員、特別支援学校教員」になる

小学校や特別支援学校の教員になるための専攻です。小学校教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状、特別支援学校教諭一種免許状だけでなく、本学ならではのさまざまなプラスアルファの専門性も身につけられます。

本専攻の目指す将来像

こんな先生になれる!

  • ■障がい児の支援ができる小学校教員、特別支援学校教員
  • ■小学校外国語活動を支援できる小学校教員
  • ■不登校児童への支援ができる小学校教員、特別支援学校教員
  • ■ポルトガル語が理解でき、外国人の子どもへの支援ができる小学校教員、特別支援学校教員

教育プログラム

1年次

保育園、幼稚園、小学校、特別支援学校の観察体験を行います。実際の現場で子どもと関わったり、授業を見学したりすることで、子どもへの理解を深めます。また、自分がどの進路を目指したいのか目的意識を明確にします。

2年次

実践活動「DiCoResミュージアム」を行います。地域の子どもたちを大学のキャンパスに招待し、楽しく知識や能力を伸ばすプログラムを企画・実践します。また、「学校インターンシップ」という最低7日間、学校現場に入る活動を行うことで、学校という場や教員という職務について理解を深めます。

3年次

地域での実践を通して、より責任を担い、現場での実践力を身につけます。ゼミを中心に、学校でボランティアを行います。あるいは、浜松市協働センターで実践を行います(浜松市との連携事業)。特別支援学校の教育実習も実施します。

4年次

各ゼミを中心に卒業論文の執筆を行います。「子どもへの実践」をテーマとすることを原則とし、立案・分析・考察を行います。それらを一定の文章にまとめる活動を通し、高度な専門性を身につけた教育者を目指します。


■取得可能な免許・資格

基礎免許・資格小学校教諭一種免許状
第二の専門性特別支援学校教諭一種免許状(肢体不自由者、知的障害者、病弱者)

小学校教諭に加え、障がい児をはじめ、特別な支援を要する子どもへの支援ができる専門家を目指します。

小学校・特別支援教育専攻の特色

  1. 1. 教員の多くが地域の小学校、特別支援学校、協働センター等と交流を持っているため、子どもと実際に関わる機会を多く提供できます。
  2. 2. 本学では多様な学修・ボランティアの機会を提供できます。浜松市川名野外活動センターや静岡県立観音山少年自然の家におけるキャンプ指導、地域の小学校における運動会や通学合宿への参加など。
  3. 3. 教職相談室には校長経験のある教員が所属しているため、授業実践や教員採用試験対策について、具体的なアドバイスを提供できます。

授業ピックアップ

教育方法の理論と実践教員名:市川 紀史 教授

理論と実践をつなぎ、教員への夢を支えます。
公立小学校の校長を務めていた経験から、大学で学ぶ論理と教育の現場の実践をつなぐ必要性を痛感し、その橋渡しとなるような授業を行っています。児童生徒の抱える問題に対して、教科書通りの形式的な方法論では真の解決はできません。子育てに公式はなく、子どもの数だけ子育ての方法があります。一人ひとりの子どもを理解するためには、大変なエネルギーを要します。だからこそ、やりがいがあり、喜びがあるのです。先生になりたいという皆さんの願いを全力で応援します。

市川紀史助教

知的障害児の教育教員名:横山 孝子 教授

子どもたちは、自分を映す鏡です。
小学校、幼稚園に進む場合も「特別支援総論」が必修となりました。それは特別支援の知識が、どの教育現場でも求められているからに他なりません。現在、小学校では学習障害等による支援が必要な子どもが6.5%いると言われています。また近年、小中学校の数は減っているのに、特別支援学校は増加傾向です。どうか特別支援の力を身につけて、あなたを待っている子どもたちの力になってください。彼らの笑顔は、きっとあなたを笑顔にしてくれます。これほど素敵な仕事はないですよ。

横山孝子教授

初等教科教育法(算数)教員名:坂本 雄士 教授

より分かりやすい指導法を身につけよう。
中学校で数学を教えている時、「どうすればもっと分かりやすく教えられるのか研究したい」と思ったことが私の研究生活の始まりでした。その研究を基に、皆さんには実際の学校教育現場で活かすことのできる授業力の基礎を身につけてほしいと考えています。算数科における教育目標や内容、理論的背景、算数科教育の歴史等について学習した上で、授業設計の方法も学んでいきます。また、いよいよ小学校で始まるプログラミング教育に備え、実践的な演習も行います。

坂本雄士教授

特別支援教育総論教員名:柘植 美文 講師

やってみたい!できたよ!を子どもと一緒に。
特別支援教育全般や病弱教育を担当しています。障害のある子どもたちや病気の子どもたちは、他の子どもたちと同じように生活しています。しかし、心理的な支援を必要としている子どもたちも多くいます。彼らを理解するためには、一緒に活動し、気持ちに寄り添うことが大切です。そうすることで、一人ひとりの可能性を引き出すことができるのです。子どもの気持ちに寄り添い、成長し続ける教師を目指して一緒に学びましょう。子どもたちが皆さんとの出会いを待っています。

柘植美文講師