地域共創学科

地域を知り、地域に学び、
地域の課題解決に貢献する3つの専攻

地域共創学科は、「共創」という新しいコンセプトのもと、コミュニケーション能力を基礎に、社会およびビジネスにおいて人や組織を適切にマネジメントしていくために必要な能力を身につける学科です。「地域政策専攻」「観光専攻」「グローバル教養専攻」の3つの専攻を設置し、現状理解と課題解決に取り組む実践力を身につけた人材の育成を目指します。

3つの専攻

地域政策専攻(政策コース・経営コース)

政策立案能力を活かし、企業や自治体で働きたい人、経営力・ICTを駆使して、地域に新たな価値を創造したい人へ

  • ● 県庁・市役所職員
  • ● 警察官・消防士
  • ● 農協・商工会議所職員
  • ● 一般企業
地域政策専攻(政策コース、経営コース)

観光専攻

観光の学修を通して、マネジメント力、コーディネート力、課題解決力を身につけ、地域開発及び観光関連分野で働きたい人へ

  • ● 観光関連産業
    (旅行業・ホテル業 等)
  • ● 般空・運輸業
  • ● イベント企画運営
  • ● 一般企業
観光専攻

グローバル教養専攻

グローバル化する地域社会に貢献する能力を身につけ、海外事業を展開する企業・外資系企業で働きたい人へ

  • ● 海外事業を展開する企業
  • ● 外資系企業
  • ● 一般企業
グローバル教養専攻

目指す職業・目指す資格

【職業】
  • ■ 公務員・地方自治体・シンクタンク
  • ■ 旅行業・ホテル・観光業
  • ■ 海外事業を展開する企業・外資系企業
【取得支援する資格・検定】
  • ■ 公務員試験
  • ■ TOEIC
  • ■ IELTS
  • ■ 国内旅行業務取扱管理者
  • ■ 観光コーディネーター
  • ■ 観光プランナー
  • ■ 観光士
  • ■ ITパスポート
  • ■ マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

などさまざまな資格取得支援を実施します

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

  1. 1.大学での学修にふさわしい基礎学力を有し、地域社会への貢献に強い関心を持つ者
  2. 2.グローバル化し、変容する地域社会の諸課題の解決及び発展に寄与することに使命を感ずる者
  3. 3.コミュニケーション能力の向上に意欲を持ち、地域社会の変革に取り組み、創造性豊かで行動力のある者

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

  1. 1.地域社会のさまざまなフィールドでの学びを通して豊かな人間性を涵養するとともに、責任ある自己実現力を修得する。
  2. 2.グローバル化し、変容する地域社会のさまざまなフィールドにおける幅広い分野と専門分野に関する知識・技術を習熟し、それらを活用して諸課題を解決していく判断力・創造力・実践力を修得する。
  3. 3.地域社会のさまざまなフィールドにおいて活動するなかで、多様なコミュニケーション能力を高め、リーダーシップを発揮する力を修得する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)

  1. 1.高潔な倫理観に立って、地域を愛し、地域に貢献することができる豊かな人間性を身につける。
  2. 2.グローバル化し、変容する地域社会に対応できる幅広い教養と実践力を活用して、地域社会の課題を解決できる力を身につける。
  3. 3.地域社会におけるさまざまなフィールドにおいて「実践練磨」の場に生きる共生協調能力を身につける。

学生の声

勉強にも部活動にも、主体性が出てきました。グローバルコミュニケーション専攻3年/横尾 健人(埼玉栄高等学校出身)

大口監督のもとでバスケットボールがしたいと思い、埼玉県から浜松学院大学を選びました。地方の課題は共通している部分もあり、地元の現状と照らし合わせながら学んでいます。学生が主体となって進める「アクティブ・ラーニング」形式の授業も多く、様々な人たちとのディスカッションを通して考えや理解が深まること、新たな発想を生み出せることを知りました。また、各分野の第一線で活躍する方々の講義からは、いつも大きな刺激を受けています。就職と部活動、どちらの夢も大きくなっています!

横尾 健人

社会的な課題を知ることで、目標が大きくなりました。地域政策専攻2年/浦野 康平(富田高等学校出身)

プロのバスケットボール選手になることを目指し、大口監督の指導を受けられる浜松学院大学を志望しました。入学後、さまざまな講義で幅広く学びを深めるうちに、地域行政や社会問題など、これまで目を向けることのなかった課題も意識するようになり、知ることの楽しさを実感しています。中でも、企業経営者やトップアスリートの考え方や行動について学ぶリーダーシップ論は、私の意識をさらに高めてくれるきっかけになりました。将来は選手として活躍するだけでなく、バスケットボールを通じて地域の活性化を図っていきたいと考えています。

浦野 康平