観光専攻

観光の学修を通して、マネジメント力、コーディネート力、課題解決力を身につけ、地域開発及び観光関連分野で働きたい人へ

国内外の観光に関する専門知識を有し、地域社会における観光資源を活用することで、地域の再生につながるような、次世代型のツーリズムを創り出す人材を育成します。
浜松市は、豊かな自然や歴史遺産など観光資源の宝庫です。これらを対象として、実際にツアーを企画するなど観光の仕組みを学びます。

本専攻の目指す進路

  • ● 観光関連産業(旅行業・ホテル業 等)
  • ● 般空・運輸業
  • ● イベント企画運営
  • ● 一般企業

教育プログラム

1年次【観光を知る】

「観光」は私たちの生活にとって身近で重要なものとなっています。「観光」を理解し、「観光」に対して興味を持つことは私たちの生活を豊かなものとします。語学の科目も加えて、「観光」に関する視野を広げ、大学4年間の学修に繋げます。

2年次【観光を学ぶ】 

「観光政策」を学び、「地域産業」と「観光」との結びつきを学びます。国内旅行業務取扱管理者資格ならびに観光コーディネーター(観光プランナー・観光士)資格の取得を目標とした学修が始まります。

3年次【観光を体験する】

これまでの実践的な学修を活かし、静岡県内の旅行関連企業への長期企業内留学(3か月間)を実施します。昨年の留学体験者は実際に観光案内パンフレットの制作をして、企業の活動に従事しました。また、国内旅行業務取扱管理者資格の取得をして、旅行を計画する学修を行うことが目標です。

4年次【観光を研究する】

「卒業研究」で4年間の学修を集約します。旅行業、ホテル業、航空・運輸業、一般企業への就職を目指します。

授業ピックアップ

観光史教員名:田中健二 教授

皆さん「観光」に興味はありますか?家族や友人と、学校や地域のイベントなど、何かしら観光に出掛ける機会はあるでしょう。旅先の地域の産業や伝統を知ったり、その土地ならではの体験をすることは楽しいですよね。観光ツーリズムは私たちの生活に重要なものです。観光を理解し、興味を持つことは生活を豊かにします。この講義では観光をあらゆる側面から掘り下げます。宿泊、交通など観光が地域にもたらす「地域貢献」や、おもてなしの方法など観光の意味と楽しさを学びます。

観光研究・調査法教員名:鄭 玉姫 講師

観光には、人や経済を動かす力がある。
形があるモノを売るわけではないのに、製造業並みの利益を得られる。成熟産業と言われながらも、成長の余地がかなりある。それが観光産業です。ある地域が観光地として成立するためには、建造物や風景などの観光資源だけでなく、余暇時間の増加や交通基盤の整備など社会的な変化も影響しています。今ある観光地の裏側に、どのような物語や歴史が隠れているのか。それを探ると、観光地の自然環境、人々の生活、経済などの仕組みが見えてきます。観光を学ぶと、見える風景が変わります。