子どもコミュニケーション学科

教育者・保育者として
高度な専門性が身につく2つの専攻

子どもコミュニケーション学科は、高い専門性と実践力を備えた教育者と保育者を育成する学科であり、「子ども教育」とその関連諸領域について深く専門的に学ぶために「幼児教育・保育専攻」と「初等教育専攻」があります。子どもはもちろん、保護者や子育てにかかわる地域の人々との円滑なコミュニケーションのできる教育者と保育者を育成することを目指します。

2つの専攻

幼児教育・保育専攻

高度な専門性とリーダーシップを身につけた保育者になる

幼児教育・保育専攻

小学校・特別支援教育専攻

実践力の優れた小学校教諭・特別支援学校教諭になる

小学校・特別支援教育専攻

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

  1. 1.大学での学修にふさわしい基礎学力を有し、教育・保育に強い関心を持つ者
  2. 2.教育・保育の抱える諸課題の解決及び発展に寄与することに使命を感ずる者
  3. 3.コミュニケーション能力の向上に意欲を持ち、教育・保育に関して創造性豊かで行動力のある者

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

  1. 1.「教育・保育実践」を通して豊かな人間性を涵養するとともに、責任ある自己実現力を修得する。
  2. 2.教育・保育に関する幅広い教養と専門的知識・技能に習熟し、それらを活用して課題を解決していく判断力・創造力・実践力を修得する。
  3. 3.子どもにかかわる協同的な活動をする中で、多様なコミュニケーション能力を高め、リーダーシップを発揮する力を修得する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)

  1. 1.高潔な倫理観に立って、慈愛をもって子どもとかかわることができる豊かな人間性を身につける。
  2. 2.変革する教育・保育、子ども社会に対応できる幅広い教養と実践力を活用して、課題解決できる力を身につける。
  3. 3.教育・保育現場における「実践練磨」の場に生きる共生協調能力を身につける。

学生の声

二つの資格が取得できるから、浜松学院大学を選びました。初等教育専攻3年/田中 ゆりの(静岡県立富士高等学校出身)

将来、教壇に立った時の対応の幅を広げるために、小学校と特別支援学校の教諭、二つの資格取得を目指しています。特別支援学校教諭の資格を取れる大学は少ないので、それだけでも浜松学院大学を選ぶ理由になると思います。授業では小学校で先生の補助をしたり、宿題の支援をしたり、想像していた以上に子どもたちとふれ合う機会が多いです。その機会を重ねるたびに、目標に近づいていることを実感します。全く触れたことのなかったピアノも、少人数で丁寧に教えてもらえたので弾けるようになりました。

田中 ゆりの