幼児教育・保育専攻

小学校教育や特別支援教育がわかる「保育者」に

幼稚園、保育所または福祉施設で働く保育者になるための専攻です。幼稚園教諭一種免許状や保育士資格だけではなく小学校教諭一種免許状、特別支援学校教諭一種免許状のほか、本学ならではのさまざまなプラスアルファ、第三の専門性も身につけられます。

本専攻の目指す将来像

こんな先生になれる!

  • ■幼・保・小連携を推進できる保育者
  • ■障がい児の支援ができる保育者
  • ■子どもの感性がわかり、表現活動に強い保育者
  • ■子ども(特に乳児)の医療・看護・福祉に強い保育者
  • ■ポルトガル語が理解でき、外国人の子どもへの支援ができる保育者

教育プログラム

1年次

保育所・幼稚園・子ども園などの実践現場に出向き、観察体験をします。そして、自身のキャリア意識を高めます。また、「子どもボランティア入門」の科目を通して乳幼児と触れ合い、子どもたちの発達を理解します。

2年次

保育内容や教科の指導に必要な学力を高めます。実践活動「DiCoResミュージアム」を行います。乳幼児対象のイベント実践を行い、企画運営力や他者との協調性を身につけます。また、「子どもボランティア実習」の科目を通して、保育現場における援助行動の方法を身につけます。

3年次

地域の乳幼児対象のプロジェクト実践を行い、実践力の向上を図ります。地域の保育者対象の研修会を運営し、研修の企画運営力を身につけ、調整力の向上に努めます。「保育実習指導」では、高い専門性の習得や確実な実践力の獲得を目指します。

4年次

基礎教育で身につけた力を土台に保育者としての知識を深め、一人前になります。プロジェクト実践のアクションリサーチを行い、実践を理論化する力を身につけます。地域公開発表会を実施し、実践プレゼン能力を養うと共に4年間の学びを地域に還元します。また、独自の臨床能力試験OSCE(オスキー)を実施し実践力を更に高めます。

2つのコース

幼・保・小連携コース

保育と小学校教育の両方を理解し、その連携ができる専門性の高い保育者を目指します。

基礎免許・資格幼稚園教諭一種免許状・保育士資格
第二の専門性小学校教諭一種免許状

子ども福祉コース

障がい児をはじめ特別な支援を必要とする子どもの理解や対応について学修し、専門的な支援ができる保育者を目指します。

基礎免許・資格幼稚園教諭一種免許状・保育士資格
第二の専門性特別支援学校教諭一種免許状

幼児教育・保育専攻の特色

  1. 1. ディコレスプログラムを通して、常に乳幼児と触れ合い、コミュケーションスキルや実践力を磨き、将来の夢実現を目指します。
  2. 2. クラスやゼミ活動を通して、学生同士が切磋琢磨して学ぶ楽しさを共有します。
  3. 3. 幼・保・小連携を推進できる保育者、障害児の対応ができる保育者を目指します。
  4. 4. ポルトガル語を学び、地域ニーズに合った外国人の幼児への支援ができる保育者を目指します。

授業ピックアップ

乳児の保育教員名:小楠美貴 助教

保育者は子どもの未来を支える力になれる。
子どもたちは家庭環境の違いによって、さまざまな事情を抱えています。そのような子どもたちと、第三者として最も長い時間を共有するのが保育者です。保育者は乳児期からの発育・発達の道筋をふまえて、一人ひとりの子どもの心に寄り添い、人間として成長する基盤を支えていくことが求められます。そのために、保育者として、日々の子どもへの食事・睡眠・排泄などの援助にとどまらず、人としての心地よさを味わうような体験を創出し、子どもたちの新たな魅力を引き出してほしいと思っています。

小楠美貴助教

教育原理教員名:島埜内恵 講師

まず想像する。教育はそこから始まる。
その子どもは、何に困り、なぜ生き辛さを感じているのか。目に見える情報や自分の経験だけで判断するのではなく、「当事者」についてより深く、具体的に想像することは、教育や保育の根幹にかかわります。そうした力を育むために、私の授業では、「現場」を想像し、思考を巡らせて文章を書くことを重視しています。書く力がブラッシュアップされると、想像力や論理的な思考力が底上げされます。「現場」は、決して楽しいことばかりではないでしょう。それでも教育者や保育者を志すみなさんに、私は期待しています。

島埜内恵講師