情報環境

浜松学院大学の情報施設・設備について

本学の情報施設には、ノートパソコンを活用する情報コンセントや印刷用の設備などの情報施設・設備、さらにはデスクトップパソコンがある授業用演習室などの情報施設・設備とがあります。 授業用コンピュータ演習室にはCALL教室、PC教室、AV教室をネットワークで統合する“フルデジタル学習システム”を導入し、最新の情報設備を完備しております。

コンピュータ演習室(5号館3階)

DCR-1(Digital Communication Room1)
デスクトップパソコン46台、センターモニター23台、プリンタ2台を配備。
OS:Microsoft windows 10 professional

〔インストールソフトウェア一例〕

  • ・Microsoft office2016 professional
    (Word,Excel,PowerPoint,Access,Publisher)
  • ・adobe Premiere Elements 15
  • ・adobe Photoshop Elements 15
  • ・Internet Explorer 11
  • ・Google Chrome
  • ・FFFTP

DCR-1ではネットワーク対応型授業支援ソフト(SKY)を使い、マウス操作だけで、授業の開始から終了まで、担当教員は学生PCを管理しながら授業を行うことができます。

コンピュータ自習室(5号館3階)

コンピュータ自習室(5号館3階)DCL自習室には、デスクトップPCが20台設置してあります。

授業時間外は開放していますので、学生は自習や情報資料検索に利用できます。

その他の設備として、1台のネットワークプリンタが設備されていますので、レポート印刷もスムーズです。

一般教室・演習室の情報設備

ノートパソコンを利用するための電源設備が配備されている講義室は、1101講義室(108名収容)、1203講義室(84名収容)、3203講義室(50名収容)、5402演習室(18名収容)、5403演習室(18名収容)です。

その他の部屋についても講義・演習用に情報コンセントが1箇所設置されています。

マルチメディア教室について

プロジェクター等が設置され、高度マルチメディア対応をしている講義室は、1101講義室(108名収容)、1206講義室(63名収容)、3302講義室(110名収容)、4401講義室(192名収容)があります。