学長メッセージ

あなたの未来は、この街の未来です。

本浜松学院大学は、開学16年目のまだ若い大学です。だからこそ、伝統にとらわれることなく、時代に即した数々の新しい挑戦を仕掛けることができるのです。

浜松学院大学は、学年定員160名の小規模大学です。それはつまり、学生一人ひとりと向き合いながら、それぞれの可能性を広げる教育ができるということです。

歴史が浅く、規模が小さい。これまでの考え方では短所に見えることも、視点を変えれば、他者には真似のできない長所になります。私たちは、こうした本学ならではの強みを活かしながら、地域に貢献できる人材を育成してきました。その取り組みは、近年さまざまな企業や行政・教育機関での卒業生たちの活躍として、花開き始めています。

地域から離れない。子どもから離れない。そんな密度の濃い4年間を通して、皆さんには「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」を身につけてほしいです。その力を磨き続けることで「自分、人、モノと向き合うことで自分の役割を自覚し、自分の責任を果たせる人」になってほしいです。そして、地域の、企業の、自分自身のリーダーになってほしいと考えています。

皆さんなら、きっとできる。浜松学院大学なら、きっとできる。
さあ、ともに挑戦を続けましょう。