長期企業内留学

3か月間、企業で学ぶプログラム

就職活動の一環として実施されている従来の1週間から2週間のインターンシップとは異なる、産学連携による地域人材育成を目的とした実践的教育プログラムで、「長期にわたり企業に留まり学ぶ」ことを意味します。3か月間のまとまった期間、企業で学ぶプログラムは全国でも珍しく、県内の大学では初めての試みになります。そして2018年度、本格的に長期企業内留学が始動しました。浜松市内を中心とした、さまざまな業種の企業にご協力いただいております。

長期企業内留学の流れ

企業研究、コミュニケーション・スキルの養成、マナーに関する講習、実習記録の記入方法などの長期企業内留学を行うための直前指導を行います。実習中は1週間に一度、受講生全員が大学に登校して、企業内留学の状況を報告します。実習は3年次の前期の3か月にわたり一括して実施し、修了者には12単位を授与します。

2018年度長期企業内留学体験記

浜松いわた信用金庫地域共創学科 観光ツーリズム専攻4年/齊田 真子

私を迎えてくれた地域貢献課は、地域を盛り上げる仕掛けをしている部署で、私もイベントなどのお手伝させて頂きました。中でも天竜浜名湖鉄道の沿線に花を植える「花のリレー・プロジェクト」では近隣の学校や企業を訪問し協力要請を行いました。仕事をするうちに、観光産業が地域経済の柱になることを実感。観光×金融で何かできることが無いか考えています。

<<企業からのメッセージ>>
浜松は素晴らしい観光資源を有しながらも、まだまだ活かしきれていない印象です。資金面や企画力でそうした状況を変えてくことも信用金庫の役割のひとつです。彼女のような若者が、私たちとの仕事を通して、地域の課題に気づき解決策を模索するようになったことはうれしく思います。現場では、女性ならではの視点や柔軟な発想が非常に参考になりました。

株式会社はまぞう地域共創学科 グローバルコミュニケーション専攻4年/
早野 カンヤニー

「自分にしかない土台を固めること」。初日に社長から頂いた言葉を胸に、浜松とタイでの研修に取り組みました。これまでは受け取る側だった自分が、情報を発信する側になり、記事を書くことの難しさと責任の重さを感じました。また机上で得た知識だけでなく、実際に街に出て、人に会うことの大切さも教えて頂きました。この経験は私の土台になるはずです。

<<企業からのメッセージ>>
私たちは地域密着のインターネットメディアを提供する会社で、アジアに5か所の拠点を設けています。インターネット事業ではありますが、実は人間関係がベースになっていることも知ってほしい。また海外に出て、外から日本や自分の町を見ることも大切です。彼女にはそうした経験をしてもらっています。彼女ならではの視点が生まれることを期待しています。