教員のご紹介

講師 迫 共 (さこ ともや)

担当科目
子ども保育の原理(1A・1B)
子どもと表現(2A・2B)
子どもと人間関係(2A・2B)
保育実習Ⅰ(保育)(実習・事前事後指導含む)
保育実習Ⅱ(実習・事前事後指導含む)
卒業研究
コミュニケーション演習Ⅰ(1年クラス)
教職実践演習
(過去の担当科目:幼稚園教育実習、保育実習Ⅰ(施設)、保育実習Ⅲ(それぞれ実習・事前事後指導含む)、子どもボランティア入門)
校務分掌:図書館委員、研究部
(過去の分掌担当:入試・広報部副部長、学生部、教員免許更新講習委員)

高校生・学生へのメッセージ

「ちがい」は「まちがい」ではありません。
みんな違う存在だから、感じ方、考え方にも「ちがい」があります。
それがあなたの個性です。「ちがい」を大切にしましょう。
私はみなさんと一緒に、それぞれの「ちがい」を育てていきたいと思っています。

学歴

東北大学大学院教育学研究科
武庫川女子大学大学院臨床教育学研究科

学位

教育学修士(人間形成論)、博士後期課程単位取得満期退学(臨床教育学)

主な職歴

財団法人エイズ予防財団 リサーチレジデント
社会福祉法人マナ会 にじの木保育園 園長
学校法人みどり学園 大阪健康福祉短期大学 講師
(担当科目:「社会福祉」 「子ども家庭福祉」 「社会的養護」 「社会的養護内容」 「子ども学入門」 「教育実習Ⅰ」 「保育基礎ゼミⅠ」 「キャリアアップ教育Ⅰ」 「幼保特例講座・福祉と養護」)
学校法人村上学園 東大阪大学 非常勤講師
(担当科目:「子どもの発達と心のケア」 「コミュニケーション論」 「子どもとこころ」 「女性と男性」)
学校法人武庫川学院 武庫川女子大学・同短期大学部 非常勤講師
(担当科目:「乳幼児理解の研究」 「社会的養護内容」 「保育者論」)
浜松学院大学「幼稚園教諭免許更新講習プログラム」担当講師
(担当科目:「子どもの環境と対応 スキルアップ講座」)
静岡県「放課後児童支援員」認定資格研修、担当講師
(担当科目:「子どもの遊びの理解と支援」)
静岡県「子育て支援員」認定資格研修、担当講師
(担当科目:「地域型保育の保育内容」「地域型保育における保護者への対応」「利用者支援専門員(基本型)事例分析Ⅱ」「利用者支援専門員(基本型)まとめ」)
学校法人玉手山学園 関西福祉科学大学 非常勤講師
(担当科目:「保育教育課程論」)
大学入試センター試験試験官(平成29年度・30年度)
を歴任

主な社会的活動実績など

対人援助学会 理事
日本乳幼児教育学会 編集委員
社会福祉法人マナ会 教育顧問
第37回民間保育園経営研究セミナー、シンポジスト 全国民間保育園経営研究懇話会
岐阜県保育研究協議会キャリアアップ研修講師 岐阜県保育研究協議会
大阪市私立保育園連盟 東部ブロック研修委員
大阪府立大学人間社会学部社会福祉学科 ゲストスピーカー
武庫川女子大学・同短期大学部「保育園への就職希望者対象説明会」講師
名古屋大学国際言語文化研究科 「対話創生プロジェクト」 ゲストスピーカー
佛教大学社会福祉学部「保育内容」ゲストスピーカー
を歴任

*メディア紹介
愛媛新聞 有識者コメント「企業保育 審査甘く」2019年6月5日
中日新聞 授業紹介「楽器のリズムで幼児と"会話"」2018年5月18日
毎日新聞 取材記事「大阪どうする ダブル選に向けて」2011年8月27日
関西テレビ 有識者コメント「ニューステラス関西」2010年9月7日
毎日新聞 取材記事「参院選ルポ 保育現場に不安」2010年7月6日

専門分野

教育学(人間形成論、乳幼児教育・保育学)、社会福祉学(児童家庭福祉、援助者論)

研究課題

「保育内容領域『表現』についての原理的検討」
「保育労働における制度の変遷ならびに現場対応の困難性」
「日本における職業的保育者像の成立と展開」
「支援者への支援と当事者研究」
「教育・福祉現場におけるLGBTと人権課題」

所属学会

日本保育学会、日本乳幼児教育学会、日本福祉心理学会、対人援助学会、日本音楽教育学会

主な研究実績

1.著書

『あすの保育』ドニエプル出版(平成26年)共著・編集代表
『保育園献立集』社団法人 大阪市私立保育園連盟(平成23年)共著
『恋愛のフツーがわかりません!!-ゆらぎのセクシュアリティ考2』アットワークス(平成20年)ROS編著・著者代表
『トランスがわかりません!!- ゆらぎのセクシュアリティ考』アットワークス(平成19年)ROS編著・著者代表
ほか

2.論文

「子どもの自由な表現を引き出す保育者養成 『保育内容表現』の授業研究」『浜松学院大学教職センター紀要第8号』(平成31年)*共著
「ハンガリー研修を通した保育原理の検討 『流れる日課』に注目して」『浜松学院大学学習支援センター紀要第10号』(平成31年)
「企業主導型保育について、世田谷区の要望書から考える」『保育情報 2019年2月号 No.507』保育研究所 (平成31年)
「健常者が当事者研究と日常をつなぐ実践において直面する課題」『浜松学院大学地域共創センター紀要第6号』(平成30年)
「松山政治の子守教育と社会事業 その展開と時代背景」『東大阪大学・東大阪大学短期大学部教育研究紀要第11号』(平成26年)
「処遇に困難を感じる保育士への対応をめぐる試論―排除を生まない保育園運営の為に―」『大阪市社会福祉研究 第36号』大阪市社会福祉協議会(平成25年)
「柳田國男の「耳言葉」概念による日本の伝承子育て」『東大阪大学・東大阪大学短期大学部教育研究紀要第10号』(平成25年)
「柳田國男の「耳言葉」を通した日本の伝承子育て理解」『関西教育学会年報第37号』(平成25年)
「日本における近代的保育者像の成立過程に関する文献調査」『東大阪大学・東大阪短期大学部教育研究紀要第6号』(平成21年)

3.学会・研究会発表

「対人援助職としての保育者に求められる支援の関わり-当事者研究と支援の質-」日本福祉心理学会第16回大会(平成30年)
「当事者研究を支える『第三者』の研究」当事者研究全国交流集会第15回大会(平成30年)
「健常自認者が当事者研究と日常をつなぐ実践において直面する課題」当事者研究全国交流集会第14回大会(平成29年)
「『支援者当事者研究会』のはじめ方」対人援助学会(平成29年)*共同発表
「保育者養成課程における漫画活用の検討 社会福祉関連科目の授業をもとに」全国保育士養成協議会第54回大会(平成27年)
「処遇に困難を感じる保育士への対応に関する研究」日本保育学会第67回大会(平成26年)
” Food and Nutrition Education,Japanese Foods.-shokuiku,washoku” OMEP(世界幼児教育機構)アイルランド大会(平成26年)*発表協力 
「松山政治の子守教育と社会事業-その展開と時代的限界」日本乳幼児教育学会第22回大会(平成24年)
「柳田國男の『耳言葉』概念による日本の伝承子育て」関西教育学会第64回大会(平成24年)
「『耳言葉』による日本の子育て文化」日本乳幼児教育学会第19回大会(平成21年)
「幼稚園普及以前の保育者たち」日本乳幼児教育学会第18回大会(平成20年)
「よく寝て、遊ぶ、元気な子」第51回全国私立保育園研究大会(平成20年)*共同発表
「心をつなぐおいしいごはん~元気・やる気・やさしい気持ち~」第55回大阪市保育研究発表会(平成20年)*共同発表
ほか

4.教材作成

『乳児保育』大方美香・中西理恵編著、あいり出版(平成25年)*制作協力
「セクシュアルマイノリティサポートブック学校版」奈良教職員組合・性と生を考える会(平成22年)*共同作成
「高校生向け人権講座 セクシュアルマイノリティ入門」新設Cチーム(平成22年)*共同作成
ほか

5.研究ノート等

「保育と社会福祉を漫画で学ぶ⑥ 花もて語れ2」『対人援助学マガジン第37号』対人援助学会(平成31年)
「保育と社会福祉を漫画で学ぶ⑤ 花もて語れ」『対人援助学マガジン第36号』対人援助学会(平成31年)
「保育と社会福祉を漫画で学ぶ④ 保育の王さま」『対人援助学マガジン第35号』対人援助学会(平成30年)
「保育と社会福祉を漫画で学ぶ③ 透明なゆりかご」『対人援助学マガジン第34号』対人援助学会(平成30年)
「保育と社会福祉を漫画で学ぶ② SUNNY」『対人援助学マガジン第33号』対人援助学会(平成30年)
「保育と社会福祉を漫画で学ぶ① いつか見た青い空」『対人援助学マガジン第32号』対人援助学会(平成30年)
「年齢発達段階の子ども観をふりかえる」全国私立保育園連盟国際交流委員会” JFPDN Study Tour in Hungary Mov.12‐20,2016”(平成28年)
「全私保連アイルランド研修に参加して」全国私立保育園連盟国際交流委員会”JFPDN Study Tour in Ireland June.30‐July.6 ,2014”(平成26年)
「イラクの子どもたちは今-平和について考える特別講義-」『東大阪大学教育研究紀要第4号』(平成19年)
「高嶺格『木村さん』によせて」『障害学研究<2>』 障害学会(平成18年)
「ジェンダー、セクシュアリティの多様性とサポート」QWRC(平成17年)*共同作成
ほか

6.卒業論文指導実績(タイトルのみ)

「保育場面における絵本の読み聞かせ、歌・音楽活動、歌い聞かせの効果についての一考察」
「幼児の感情理解について」
「発達障害をもつ子どもの生活のしやすさに対する援助者の関わりについて」
「子どものてんかんと生活について」
「音の遅速と子どもたちの関係性について」
「潜在保育士の現状と保育士不足解消への課題」
「子どもの発達とシュール理解について」
以上、平成30年度(副査)

「子どもの話し合いを円滑に進めるための援助」
「異年齢保育における子ども同士の育ちあい」
「トラブル場面においての子どもの意思表示を手助けする援助」
「子どもの興味を引き出す芝居と劇遊び」
「幼児がリピートされる童謡から受ける印象と身体表現についての効果と影響」
「貧困家庭の子どもと学習支援」
「自治会活動における託児の現状と自治会活動を促進する託児のあり方について」
以上、平成29年度(副査)