教員のご紹介

教授 市川 紀史 (いちかわ としふみ)

担当科目
教育方法の理論と実践、教育実習(Ⅰ・Ⅱ)・事前事後指導(小)、教職実践演習、子どもコミュニケーション、コミュニケーション演習Ⅰ、生徒・進路指導の理論と方法、不登校支援演習、リーダーシップ論、キャリアデザインⅡ

高校生・学生へのメッセージ

教職は、子どもたちに「夢や希望」を与え、その実現に向けて「子どもと共に成長する」魅力的な仕事です。子どもたちが皆さんを待っています。「先生になりたい」という皆さんの願いを応援します。

学歴

静岡大学教育学部

学位

学士(教育学)

主な職歴

1 浜松市立学校教諭(1981~1996,2000・2001)
2 教育行政機関
・静岡県教育委員会西部教育事務所学校教育課指導主事(1997~1999)
・静岡県教育委員会生涯学習企画課指導主事(2002~2005)
・浜松市教育委員会学校教育部指導課長・副参事(2011~2013)
3 学校管理職
・浜松市立横山小学校教頭(2006~2008)
・浜松市立追分小学校校長(2009・2010)、中瀬小学校長(2014~2017)

主な社会的活動実績など

・浜松市校長会(小中学校)会長、静岡県校長会副会長(2016,2017)
・全国連合小学校長会理事(2017)
・はままつ人づくり未来プラン検討委員会<浜松市教育委員会>(2016,2017)
・浜松市立中瀬小学校学校評議員(2018,2019)

専門分野

学校経営学、教師教育学、教育工学

研究課題

・キャリアステージに応じた教員の育成と教員育成指標の活用
・ICTの活用と授業デザイン、協働学習の実践から見える効果
・STEM教育

所属学会

日本教師教育学会、日本義務教育学会

主な研究実績

1.学術論文

・市川紀史・伊藤啓太・竹本石樹(2019)、STEM教育の考え方を取り入れた総合的単元構成のデザインに関する研究、浜松学院大学研究論集 第15号、pp108-116、浜松学院大学
・竹本石樹・小川博士・市川紀史・横山勝之・堀田龍也・熊野善介(2019)、小学校STEM教育教材としてのIoTブロックの可能性に関する研究-小学校理科6年「電気の利用」における「ものづくり」を通して-、浜松学院大学研究論集 第15号、pp87-102、浜松学院大学
・市川紀史・竹本石樹・下鶴志美(2018)、「教員育成指標」を活用した成長機会の分析 ~教員採用10年間の成長機会と管理職が行うべき支援に関する一考察~、教職センター紀要 第7号、pp89-100、浜松学院大学
・竹本石樹・勘米良祐太・太田正義・原田年康・市川紀史・下鶴志美(2018)、「教員育成指標」を活用するための養成・研修の在り方に関する研究、教職センター紀要 第7号、pp15-26、浜松学院大学

2.著書

・市川紀史(共著)(2014) 教務主任ミドルマネジメント研修BOOK ~総合的な学習の時間におけるミドルマネジメント~(p54~p57)教育開発研究所