教員のご紹介

講師 小山内 秀和 (おさない ひでかず)

担当科目
発達心理学
教育心理学
青年の発達心理
子どもボランティア入門
保育実習指導I
保育実習I (施設)
保育実習指導III
保育実習III
コミュニケーション演習I
卒業研究

高校生・学生へのメッセージ

「人間の尊厳のすべては、考えることのなかにある」 (ブレーズ・パスカル『パンセ』より)

皆さんが見聞きしたことや体験したことを大切にして,自分なりの考えを深めてください。
それらすべてが,皆さんが一生持つことのできる大きな強みになることでしょう。

学歴

文教大学 人間科学部 臨床心理学科 卒業
文教大学大学院 人間科学研究科 臨床心理学専攻 修士課程 修了
京都大学大学院 教育学研究科 教育科学専攻 教育認知心理学講座 博士後期課程 修了

学位

修士 (心理学) (文教大学)
博士 (教育学) (京都大学)

主な職歴

2007年~2010年 社会福祉法人子供の町 児童養護施設子供の町 心理士
2012年~2014年 独立行政法人日本学術振興会特別研究員 (DC2)
2012年~2016年 佛教大学 教育学部 非常勤講師 (「心理学初級実習A」担当)
2014年~2016年 京都大学大学院 教育学研究科 研究員
2014年~2016年 株式会社応用社会心理学研究所 アシスタント研究員
2015年~2016年 神戸医療福祉大学 社会福祉学科 非常勤講師 (「臨床心理学」「心理療法」担当)

主な社会的活動実績など

・特定非営利活動法人日本子どものための委員会 賛助会員・「セカンドステップ」研修員
・公認心理師
・臨床心理士
・日本発達心理学会 国際研究交流委員会 委員 (2017年2月~2018年12月)
・浜松こども館 運営委員会委員長 (2017年9月~現在に至る)

専門分野

教育心理学,発達心理学

研究課題

・物語理解時の主観的体験の個人差と,その要因および効果に関する包括的解明
・物語を含む読書活動が社会的能力に及ぼす効果の検討

所属学会

日本心理学会
日本教育心理学会
日本発達心理学会
日本パーソナリティ心理学会
日本イメージ心理学会
日本読書学会
日本子ども虐待防止学会

主な研究実績

1.著書

古見文一・小山内秀和・樋口洋子・津田裕之 (編) (2019). はじめての心理学概論 ナカニシヤ出版.


小山内秀和 (2017). 物語世界への没入体験:読解過程における位置づけとその機能 京都大学学術出版会.


小山内秀和(分担訳) (2013). 発話行為,利用可能性ヒューリスティック,K-ABC心理・教育アセスメントバッテリーなど150項目 繁桝算男・四本裕子 (監訳) APA心理学大辞典 培風館.
(Vandenbos, G. R. (2007). APA Dictionary of Psychology, American Psychological Association)

2.学術論文

小山内秀和・古見文一・北島美花・近藤千恵子・所歩美・米田英嗣・楠見孝 (2019).物語への没入体験と社会的能力の向上の関連:成人と児童の比較 認知科学, 26, 108-120.


長岡千賀・小山内秀和・矢野裕理・松島佳苗・加藤寿宏・吉川左紀子 (2018). 子どもの適応行動の発達を支える療育者の関わり:発達障がいの作業療法場面の分析 認知科学, 25, 139-155.
論文リンク


小山内秀和 (2018). 保育・教職養成大学学生の読書行動と読書量:作家名再認テストを用いた測定の試み 浜松学院大学教職センター紀要, 7, 27-38.


小山内秀和・筧有子 (2018). 造形活動におけるフロー体験:保育士・教職課程学生を対象とした探索的検討 浜松学院大学研究論集, 14, 35-46.


Moriguchi, Y., Ban, M., Osanai, H., & Uchiyama, I. (2018). Relationship between implicit false belief understanding and role play: Longitudinal study. European Journal of Developmental Psychology, 15, 172-183.
論文情報リンク


Inohara, K., Shioya, K., Ueda, A., & Osanai, H. (2017). The Effects of Reading Amount on Letter Reading Skill: A Longitudinal Survey of Japanese Elementary Schoolchildren. Psychologia, 60, 85-96.


上田紋佳・猪原敬介・塩谷京子・小山内秀和 (2017). 語彙力・文章理解力の発達に及ぼす語彙力・文章理解力の発達に及ぼす読書のジャンルの影響:小学生3年生を対象とした縦断研究 読書科学, 59, 121-130.
論文リンク


日道俊之・小山内秀和・後藤崇志・藤田弥世・河村悠太・Davis Mark H.・野村理朗 (2017). 日本語版対人反応性指標の作成 心理学研究, 88, 61-71.
論文リンク


Komeda, H., Osanai, H., Yanaoka, K., Okamoto, Y., Fujioka, T., Arai, S., Inohara, K., Koyasu, M., Kusumi, T., Takiguchi, S., Kawatani, M., Kumazaki, H., Hiratani, M., Tomoda, A., & Kosaka, H. (2016). Decision making processes based on social conventional rules in early adolescents with and without autism spectrum disorders. Scientific Reports, 6, 37875.
論文リンク


小山内秀和・楠見孝 (2016). 物語への移入尺度日本語版の作成と信頼性および妥当性の検討 パーソナリティ研究, 25, 50-61.
論文リンク


猪原敬介・上田紋佳・塩谷京子・小山内秀和 (2015). 複数の読書量推定指標と語彙力・文章理解力との関係―日本人小学校児童への横断的調査による検討 教育心理学研究, 63, 254-266.
論文リンク


古見文一・小山内秀和・大場有希子・辻えりか (2014). 他児の知識状態や自己の役割が幼児の発話の変化に及ぼす影響―絵本の読み聞かせ場面を用いて 発達心理学研究, 25, 313-322.
論文リンク


小山内秀和・楠見孝 (2013). 物語世界への没入体験―読解過程における位置づけとその機能 心理学評論, 56, 457-473.
論文リンク


小山内秀和・岡田斉 (2011). 物語理解に伴う主観的体験を測定する尺度(LRQ-J)の作成 心理学研究, 82, 167-174.
論文リンク

3.学会発表 (過去1年間)

小山内秀和・米田英嗣・古見文一・楠見孝 (2018). 小学生における物語への没入体験の測定:文学反応質問紙児童用の検討 日本心理学会第82回大会. (2018年9月26日:ポスター発表)


米田英嗣・柳岡開地・小山内秀和・子安増生 (2018). 自閉スペクトラム症を持つ児童による自閉スペクトラム症を持つ登場人物の物語理解 日本発達心理学会第29回大会. (2018年3月24日:ポスター発表)


小山内秀和・小森めぐみ・楠見孝 (2017). 日本語版物語関与尺度作成の試み:回答傾向および信頼性,妥当性の探索的検討 日本心理学会第81回大会. (2017年9月22日:ポスター発表)


米田英嗣・間野陽子・松田佳尚・小山内秀和・川崎真弘・楠見孝・麻生俊彦・船曳康子 (2017). 物語における時空間情報に基づく視点取得の神経基盤 第19回日本ヒト脳機能マッピング学会 (2017年3月9日~10日:ポスター発表)

4.競争的資金

公益財団法人博報児童教育振興会 第9回児童教育実践についての研究助成事業<アドバンスステージ> 「物語読解とその体験への介入による他者理解能力向上効果の実践的検討」 (2015年8月~2017年3月)


公益財団法人博報児童教育振興会  第9回児童教育実践についての研究助成事業「物語読解による他者理解能力向上のメカニズムの解明」 (2014年4月~2015年3月)


独立行政法人日本学術振興会 特別研究員奨励費 (DC2) 「物語理解に伴う主観的体験の個人差に関する研究」 (2012年4月~2014年3月)