教員のご紹介

教授 大野木 龍太郎 (おおのぎ りゅうたろう)

担当科目
生涯スポーツ演習、生涯スポーツ実技、基礎演習、野外スポーツ実習、キャリアデザインI・II、ゼミナールI、特別活動の研究、生徒指導論

高校生・学生へのメッセージ

青年の自分作りの場としての大学の可能性の中でスポーツ文化の果たす役割に期待したい。あと地域に開かれた大学作りの可能性の中で、青年(学生)の社会参画の具体化にチャレンジしていきましょう。受験知を超える社会知を武器に、社会の形成者 として大きく羽ばたいていってほしい。そして市民の皆さんも青年を支援し、共に豊かに学びあっていってほしい。

学歴

筑波大学体育科学研究科博士課程単位取得満期退学(体育スポーツ社会学専攻)

学位

修士(教育学)

主な職歴

お茶の水女子大付属中学校保健体育教員武蔵野美術大学非常勤講師(体育担当)
富士フェニックス短期大学一般教育専任講師(体育講義・実技担当)
山梨大学非常勤講師(体育実技担当)
浜松短期大学専任講師・助教授・教授歴任(一般体育・体育II・ゼミナール・総合演習担当)
静岡大学教育学部非常勤講師(社会教育計画I・学校外教育論担当)
静岡大学工学部夜間主コース非常勤講師(基本体育学担当)
静岡大学工学部教職課程非常勤講師(特別活動論担当)

主な社会的活動実績など

静岡県教育文化研究所所長
静岡県民間教育研究団体連絡会会長浜松子育て教育文化ネットワーク代表
NPO法人フリースクール「ドリームフィールド」副理事長
社会福祉法人「みんなの森」評議委員
たんぽぽ保育園第三者委員
少年少女センター浜松代表
日体協認定少年スポーツ指導員
全国青年問題研究集会第1部門「豊かな文化・スポーツ活動を進めるために」助言者

専門分野

スポーツ社会学・スポーツ教育学・社会教育学(子どもの社会教育論)

研究課題

子どもの遊び・スポーツ環境論、青年の地域の居場所作り、子育て・教育にやさしい街づくり 総合型地域スポーツクラブの現状と可能性、NPOと行政のパートナーシップ構築に関する研究

所属学会

日本社会教育学会、日本スポ-ツ社会学会、子ども社会学会、保育学会、学校体育研究同志会、日本教育社会学会、東海高等教育研究所

主な研究実績

1.著書

「『子ども・スポーツ・社会と学校づくり』からの発信」単著 「楽しい体育・スポーツ」No.161 2003年11月
「新しい教育課程下での体育行事を考える」単著 「たのしい体育・スポーツ」No.144 2002年6月
「子ども・青年のスポーツ環境は今」単著 「月刊社会教育」第46巻第3号 2002年3月
「部活動の自治と地域的再生を」単著 「教育」第52巻第1号 2002年1月
「学校と地域の連携の可能性と課題」単著 「運動文化研究」No.19 2001年7月
「すべての子どもにこだわるのはなぜか」単著 「たのしい体育スポーツ」No.130 2001年4月
「青年期の遊びと仲間の復権と地域の遊ぶ会の果たす役割」単著 「子ども会少年団」No.428 2000年12月
「学校5日制・部活動と教師の役割」『21世紀の学校と教師』共著 学文社 2000年3月