教員のご紹介

准教授 光安 アパレシダ 光江 (みつやす あぱれしだ みつえ)

担当科目
コミュニケーション演習I;国際ビジネス;ラテンアメリカ文化;現代社会と多文化社会;地域共創演習;ポルトガル語 I、I、III & IV;ジャンル別英語演習II, インターンシップ

高校生・学生へのメッセージ

大学時代は、社会人になる前の準備段階です。ぜひ、いろいろなことに挑戦し、学び、自分の得意な分野を見つけ、スキルアップしていきましょう。

学歴

エスタシオ・デ・サ大学国際関係学部 (リオ・デ・ジャネイロ市、ブラジル)
リオ・デ・ジャネイロ国立大学・国際貿易法コース (リオ・デ・ジャネイロ市、ブラジル)
名古屋大学留学生センター「外国人留学生日本語コース」
名古屋大学大学院国際開発研究科 博士課程前期課程
名古屋大学大学院国際開発研究科 博士課程後期課程

学位

2002年3月25日 博士(学術)名古屋

主な職歴

1991年~1995年 ブラジル貿易協会・貿易課・貿易コンサルタント
1995年~1996年 ブラジル貿易協会・貿易課・貿易コーディネーター
1996年~2004年 名古屋国際センター・ポルトガル語スタッフ
2000年 岐阜大学非常勤講師(ポルトガル語)
2003年~2011年 豊田市役所 外国人行政相談員
2009年~現在  名古屋外国語大学非常勤講師(ポルトガル語)

主な社会的活動実績など

愛・地球博 ボランティアスタッフ
ブラジリアカトリック大学(講演者)
NPO法人 障がい者用のチャリティーバザール

専門分野

国際開発論、国際貿易論、ブラジル経済。ポルトガル語.

研究課題

国際開発・国際貿易、ブラジル経済、地域統合(メルコスル), 日伯関係

所属学会

国際開発学会(JASID)、日本ラテンアメリカ学会

主な研究実績

1.著書

修士論文: “The Impact of the Formation of Mercosur on Its Intra-Regional Trade” (邦題:メルコス-ルの結成における地域内貿易の影響) 博士論文:”The Impact of the Formation of Mercosur on the Automobile and Autoparts Industries of Argentina and Brazil”(邦題:メルコス-ル結成がアルゼンチンとブラジルの自動車産業および自動車部品産業に与えた影響).

2.研究論文

– “Brazil and China: An Analysis of Trade Relations and Future Perspectives” (ブラジルと中国の貿易分析と今後の展望), Hamamatsu Gakuin University Academic Journal, No. 9, March 2013.
– “Moving from manufacturing to agriculture after the Lehman Shock:
The case of a Brazilian worker and his collaboration with
Yasai no Maru-chan” (リーマンショック後の転換、製造業から農業へ
ブラジル人労働者と野菜のまるちゃんとのコラボレーションの事例), Hamamatsu Gakuin University Center for Co-Creation, March 2013.

– “The Growth in Automobile Production and Trade in Two Mercosur Countries, Argentina and Brazil, and the Impact of Exports to Argentina on Brazilian Industrial Sectors”, Forum of International Development Studies, No. 19, October 2001, pp. 115-145, Graduate School of International Development – GSID, Nagoya University(邦訳:アルゼンチンとブラジルにおける自動車産業の生産拡大と貿易の増加;ブラジルの産業部門における対アルゼンチン輸出の影響).

– “The Impact of Regional Integration Schemes on the Automobile and Autoparts Trade “, Forum of International Development Studies, No. 23, March 2003, pp. 75-89, Graduate School of International Development – GSID, Nagoya University(邦訳:自動車産業および自動車部品貿易に与える地域統合スキームの影響).