教員のご紹介

准教授 中本 富士乃 (なかもと ふじの)

担当科目
音楽(音楽理論)、幼児音楽教育法、ゼミナール

高校生・学生へのメッセージ

未来に向かって希望にあふれているみなさん、幼児教育を学ぶことは素敵なことです。
みなさんにとって、学ぶことは生涯にわったっての財産です。短大での2年間は短いですが、たいへん充実した時間でもあります。
どうぞたくさんの知識を身につけ、社会に羽ばたいていってください。

学歴

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科(ピアノ専攻)卒業
東京学芸大学大学院教育学研究科音楽教育専攻音楽科教育講座修了

学位

教育学修士

主な職歴

群馬松嶺福祉短期大学児童福祉専攻 非常勤講師(ピアノ)
帝京科学大学こども学部こども学科 非常勤講師(ピアノ)
帝京科学大学こども学部児童教育学科 非常勤講師(ピアノ)
医療法人中村会 音楽療法担当非常勤職員

主な社会的活動実績など

小・中学生を対象としたリコーダーアンサンブル演奏会
幼稚園保護者を対象としたハンドベル指導
介護老人保健施設における療養生活のためのピアノ演奏(音楽療法の一環として)
浜松学院大学短期大学部第36回夏季大学分科会講師「音で心を伝えよう!」

専門分野

音楽教育(ピアノ)、音楽療法

研究課題

保育者養成におけるピアノ指導法について
音楽教育に生かす音楽療法の役割について
創造的音楽活動について

所属学会

日本乳幼児教育学会、日本音楽療法学会、日本音楽知覚認知学会、日本ハンドベル連盟

主な研究実績

1.研究論文

「創造的音楽活動に関する実践的研究」 群馬松嶺福祉短期大学紀要「福祉と人間科学」第11号 2011年2月 「ピアノ演奏の困難さに関する考察ー音楽が持つ拍に着目してー」 浜松学院大学短期大学部研究論集第11号 「ピアノ演奏の困難さに関する考察(2)ー音楽が持つ拍とリズムに着目してー」 浜松学院大学短期大学部研究論集第12号

2.学会発表

「保育者養成校におけるピアノ指導に関する考察ーつまずきの原因としての拍ー」 日本乳幼児教育学会第24回大会口頭発表
「保育者養成校におけるピアノ指導に関する考察ーつまずきの原因としての拍(2)ー」日本乳幼児教育学会第25回大会口頭発表
「保育者養成校におけるピアノ指導に関する考察ーつまずきの原因としての拍(3)ー」日本乳幼児教育学会第26回大会口頭発表