トップページ > 寄付金について

寄付金について

寄付金のお願い

本学園は、昭和8年の創設以来、大学、短大、高校、中学、幼稚園、保育所までを有する総合学園として発展し、地域に貢献する人材の育成に努めてまいりました。
創立80周年を迎えた今、改めて創設者の掲げた「建学の志」の思いに立ち返り、「誠による徳の教育」を通じて、今後も有為な人材を世に送り出す決意を新たにしております。

今般、学園をあげて、教育研究の一層の強化を図るとともに、本学学生・生徒・園児が、より充実した学園生活を送るための環境整備することを目的に、関係の皆様から広くご寄付を仰ぐことといたしました。教育環境の一層の充実を図り、今後も引き続き歴史と実績ある興誠学園が崇高な社会的役割を果たしていくためには、皆様からの温かいご支援が是非とも必要であります。
厳しい経済情勢下ではございますが、趣意をおくみとりいただき、絶大なるご支援を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。

学校法人興誠学園理事長 栁川 樹一郎

寄付に関する概要

1.寄付金の目的

学校法人興誠学園の設置校において、学生・生徒・園児がより充実したキャンパスライフを送るための施設・設備の整備、及び教育環境の整備を目的とします。

2.寄付の使途

1. 校舎等、教育施設の整備
2. 教育および研究環境充実のための設備整備
3. 奨学金、クラブ支援金等 学生・生徒・園児の学習活動支援
4. その他、教育及び研究活動の推進に必要な事業

3.寄付の募集期間

特に定めておりません。恒久的事業として募集活動を行います。

4.寄付金額

5,000円以上(できるだけ毎年のご協力をお願いします)

寄付金の免税措置(個人と法人)
寄付金の免税措置

学校法人興誠学園が設置する学校等に対するご寄付については、文部科学省より「特定公益増進法人」であることの証明書の交付を受けています。
ご寄付いただいた金額は、次のとおり税法上の優遇措置を受けることができます。

(1)個人の皆様

①所得控除
下記計算による金額を、寄付者の総所得金額から控除できます。
※当該年度中に支出した寄付金の額-2,000円=寄付金控除額

②住民税
住民税において、本学園は静岡県、浜松市の税額控除の認定団体となっており、寄付した翌年の住民税より控除されます。
※寄付者の皆様には、本学園が発送しました「寄付金領収書」及び「特定公益増進法人の証明書(写)」を使用して所轄の税務署で確定申告を行ってください。

(2)企業・法人の皆様

企業や法人が学校法人に寄付する場合、法人税法の規定に基づいて、寄付金を当該事業年度の損金に算入することができますが、「受配者指定寄付金」「特定公益増進法人に対する寄付金」のどちらかを選んで寄付していただくことになります。損金算入にあたっては以下のとおりの取扱いとなります。

≪受配者指定寄付金≫
私立学校の教育研究の発展に寄与するために、私立学校振興・共済事業団が企業から寄付金を受け入れ、これを寄付者が指定した学校法人へ配付する制度で、 寄付金は「受配者指定寄付金」として取り扱われます。寄付者(企業・法人)に対する税制上の優遇措置として、寄付金全額を損金として算入することができます

≪特定公益増進法人に対する寄付金≫
本学園は「特定公益増進法人」として認められており、直接、学園に寄付された 場合、寄付金は下記計算により損金として算入することができます。

損金算入限度額=((資本金等の額×当期の月数/12×3.75/1000)+(所得の金額×6.25/100))×1/2

※学校法人興誠学園が設置する学校等に対するご寄付については、特定公益増進法人として、一般寄付金の損金算入限度額とは別枠で、損金算入することが認められています。

一般寄付金の損金算入限度額=((資本金等の額×当期の月数/12×2.5/1000)+(所得の金額×2.5/100))×1/4

寄付に関するお問い合わせ

学校法人興誠学園 法人本部

法人所在地 静岡県浜松市中区高林一丁目17番2号
TEL   : 053-473-6110  /   FAX  : 053-473-0081
E-mail : g-jimu@hamagaku.ac.jp