浜松学院大学付属幼稚園

浜松学院大学付属幼稚園は、大学図書館住吉分館のすぐそばにあります。1年次からスタートする保育体験をはじめ、幼稚園教育実習、延長保育のサポートなど、子どもたちと交流する機会を豊富に持つことができます。
入学したら、まずは子どもと関わってみよう!一緒に楽しんでみよう!

保育実習

働く自分を具体的に想像できるようになった幼児教育・保育専攻3年/若槻 虹奈(浜松学院高等学校出身)

手を貸すだけが保育ではない。年長の子が小さい子のお手伝いをする様子を見て、子どもの気持ちに共感して見守る大切さを学べたことは大きな収穫です。また、人見知りだった子が声を掛けてくれるようになるなど、3週間という限られた期間でも、どんどん成長していく彼らの姿には驚かされました。保育士として働く自分を具体的に想像できるようになったので、これからの学びに役立てていきます。

若槻 虹奈

「保育者になりたい」より強い想いに。

3週間の実習期間の中で、子どもの様々な姿にふれることができました。日常生活場面では、朝の会や帰りの会の一部を担当させていただき、ピアノも弾きました。責任実習では自分の足りない部分が分かったことで、先生方が行う保育への見方が変わり、「先生方の保育をよく観察し、足りない点を学ぼう」という気持ちが大きくなりました。

実習を終えて、「保育者になりたい」と強く思うようになりました。行事や日常の保育、責任実習での経験など、実習を通しての学びを今後の保育に活かしていきたいです。そして卒業後も保育者として多くのことを学び、身につけていくことを課題として努力していきます。